プロ家庭教師コラム

受験対策
お子さんの意識が変わる!中学受験を成功に導くひと言とは

発達障害:お子さんの意識が変わる!中学受験を成功に導くひと言とは

  • もうすぐ入試なのに、落ち着かず勉強が手につかない
  • 今までできていた問題にもミスが目立ち始めた

など中学受験を控えたお子さんたちの日々の学習状況に不安を感じているお母さんたちも多いのではないでしょうか。中学受験を目標とされているお子さんたちの中にも、

  • 気持ちのコントロールが難しい
  • その日のコンディションによって集中力が左右されやすい
  • 学校でもクラスメイトの様子が気になって落ち着かない

など、受験を乗り切るための気持ちを作るトレーニングが必要なお子さんたちがいます。特に中学受験を控えたお子さんの多い学校や学年ではクラスの雰囲気も緊張感を帯びてきます。些細な環境の変化に敏感なお子さんにはいつもと変わらない声がけや態度で接してあげることが大切です。入試の日が近づいてくると

  • 合格できなかったらどうするの
  • もうすぐ受験なんだから勉強しなさい

とついつい受験を意識させる言葉をかけてしまいがちですが、まずはお子さんが受験を乗り切れるように、

  • 今日も○○ができたね
  • また1つできるところが増えたね

と言われると嬉しくなり次につながる言葉をかけてあげることをおすすめします。知識の習得に時間がかかり、反復学習が求められるお子さんには

  • 練習通りの手順で解けた
  • 緊張感を持って練習できた
  • 制限時間の最後まで集中できた

といった取り組みに着目してほめてあげると、お子さんもやる気を見せてくれるでしょう。できたところに着目すると、お子さんの成長を感じることができ、サポートしているお母さんの気持ちにもゆとりが生まれてきます。頑張りを認めてもらえたお子さんは士気も高まり、入試本番に向けて良い流れを作ることができます。プレッシャーを感じ、普段通りの学習ができていないお子さんには、その思いに耳を傾けてあげる姿勢を見せることも大切です。

  • 苦しい思いを聞いてもらえた
  • 話したらすっきりした

と気持ちがリセットされ、再び勉強と向き合うことができるでしょう。

受験を成功に導くためにはお子さんの努力を認め、できたところを一緒に喜んであげること、気持ちを共有してあげることも大事な課題となります。受験勉強もラストスパートを迎えたこの時期、お子さんの様子はいかがですか?「お母さんのひと言」でお子さんの意識が変わるかもしれませんよ。

FROM PROFESSIONAL TUTOR.
受験対策サポート

プロ家庭教師のジャンプは理想的な家庭指導を目指し、生徒1人1人に合わせた指導カリキュラムや、矛盾のないシステムが高い評価をいただき各ご家庭から92%という高い満足度をいただいています。本ページに掲載されている「アンケートの回答」は、ジャンプに入会したご家庭から実際にご回答いただいたアンケートの一部です。ストレスを抱えることなく学習習慣を身につけるために。生徒さんの学力を伸ばす、ジャンプのプロ家庭教師をぜひご活用ください。