プロ家庭教師コラム

発達障害
小学校へ通う前にプロ家庭教師ができること

発達障害:小学校へ通う前にプロ家庭教師ができること

春から小学1年生になる発達障害があるお子さんのお母さんたちから、

  • 初めての学校生活をスムーズにスタートできるように!
  • みんなと一緒にできることは身に付けておきたい!

といったご相談をいただくことが増えています。

小学校での基本的な所作をあらかじめ知っておくことは、新しい環境が苦手なお子さんにとってはとても大事なこと。不馴れな環境での周囲の雰囲気や先生からの指示によるパニックを最小限にし、1日1日を積み重ねていくことが、子どもたちの自信につながるからです。それに加えて、小さな心配事を1つずつ解消していくことでお母さんたちの精神的負担を軽減し、安心してお子さんを学校へ送り出してあげることが何よりもお子さんの安心につながります。

プロ家庭教師のジャンプでは、お母さんの安心がお子さんの快適な学校生活の土台となると考え、お子さんの学校生活に必要な所作のサポートにも取り組んでいます。

たとえば、日常生活でもよく使う

  • 「おはようございます」
  • 「さようなら」
  • 「ありがとう」
  • 「ごめんなさい」

といったあいさつから、小学校から始まる始業時、終業時の

  • 「起立」
  • 「礼」
  • 「着席」

まで、あいさつをはじめとした所作をクイズやゲーム、ロールプレイといった子どもたちが楽しみながら体感しやすい形でサポートしています。

発達障害:プロ家庭教師とのやり取りから学ぶ

また、小学校ではしっかりとした受け答えができることを求められます。表現することに戸惑ってしまったり、躊躇してしまったりするお子さんにはハードルの高い課題です。しかし、お子さんの個性に合わせたコミュニケーションツールを取り入れてあげることでその課題をクリアできる可能性が広がります。たとえば、「相手にあいさつが書かれたカードを見せることで意思表示ができるようにする」「ジェスチャーで自分の気持ちが伝わるようにトレーニングする」といったお子さんの得意分野を活かした様々な方法で1人1人をサポートしてあげることが新しい環境への第一歩です。

お母さん、お子さんの個性に合わせた入学準備はできていますか?新しい生活の中心となる小学校での所作を見通し、習慣化できる取り組みを!

FROM PROFESSIONAL TUTOR.
発達障害サポート

発達障害サポート

プロ家庭教師のジャンプでは、学習障害、自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群、多動性障害(ADHD)などの発達障害をお持ちの生徒さんの自宅学習をサポートしています。「学校ではきちんと教えてくれない」「特別支援学級に入ってから勉強がどんどん遅れていく」「親が教えても勉強してくれない」といった悩みを抱えている方は、発達障害の生徒さんを多く指導してきたプロ家庭教師のジャンプにご相談ください。

プロ家庭教師のジャンプは理想的な家庭指導を目指し、生徒1人1人に合わせた指導カリキュラムや、矛盾のないシステムが高い評価をいただき各ご家庭から92%という高い満足度をいただいています。本ページに掲載されている「アンケートの回答」は、ジャンプに入会したご家庭から実際にご回答いただいたアンケートの一部です。ストレスを抱えることなく学習習慣を身につけるために。生徒さんの学力を伸ばす、ジャンプのプロ家庭教師をぜひご活用ください。